源 平 n i g h t i n 赤 間 神 宮!

2017年08月01日

源 平 n i g h t i n 赤 間 神 宮!

ライブでなければ、味わえない迫力と興奮、魂を揺さぶる千年舞台!

日本の歴史が動く時、いつもスポットライトを浴びてきた下関、関門海峡。

「源平 n ight i n 赤間神宮」は、源平から明治維新まで、下関でおきた様々なシーンを舞台にした歴史エンターテイメントです。

・源平合戦(平家哀歌)

・源平合戦(義経八艘飛び)

・平家太鼓

・怪談 耳なし芳一

・巌流島の決闘

・奇兵隊

・海峡上臈絵巻

安徳帝とともに入水した二位の尼の「波の下にも都はある」との願いを映したともいわれる朱塗りの水天門は、竜宮城のような荘厳な輝きを放ちます。その水天門を入り、ライトアップした本殿前の階段ステージで、海峡の波間に出現した幻想的な歴史絵巻を再現。特に毎年5月3日の先帝祭でしか見ることができない上臈の『外八文字』と『日本舞踊』も、お席に座ってゆっくりご覧いただけるチャンスです。秋の夜長の4日間限定の特別なひとときをお過ごしください。

日 時 平成29年10月7・14・21・28日(土)※雨天時は中止
時 間

20:00~21:20(開場19:00)

※お泊りのお客様が、夕食後ご観覧頂けるよう時間設定しております

場 所

赤間神宮境内(下関市阿弥陀寺町4-1)

料 金 無料
座席数

約300席

※下関市内宿泊施設にお泊りの方及びDC関係者の方、合わせて100名分の特別座席をご用意

 ⇒【要予約 平成29年8月1日(火)より受付開始】

お問合せ しものせき観光キャンペーン実行委員会(下関市観光政策課内) 083-231-1350   

キャンペーン一覧へ